HOME > 仮想通貨を実際に使う方法

ここでは、仮想通貨をパソコンの画面の中から取り出して、現実世界で実際に使う方法を紹介します。
仮想の世界から飛び出すことで、より仮想通貨を身近に感じられるのではないでしょうか。

仮想通貨を円に変えて使う方法

仮想通貨は、言葉の通りパソコンの画面の中の世界で行き来する仮想世界のお金でした。
しかし、最近では「お金として現実世界で仮想通貨を使いたい」と考える人も増えてきたようです。

こういった場合、まず仮想通貨(ビットコイン)を円にかえてチャージします。
そうすれば、プリペイドカードで支払う要領で仮想通貨による支払いができるようになるのです。

仮想通貨による現実世界での支払い方法は、今後ますます簡単になっていくと考えられています。
最近は、仮想通貨専用の支払機を設置している実店舗も増え、スマートフォンでQRコードを読み取るだけで支払いを完了することもできるのです。

仮想通貨そのものでの支払いも可能に

仮想通貨は、現金と同じように店舗での支払いに使うことができます。
特に、ビットコインで支払いができる実店舗はどんどん増えていますよ。

例えば、家電量販店のビックカメラは、全店舗でビットコインによる支払いができます。
上限が10万円までと制限はありますが、ちょっとした家電を買うときに財布を忘れてしまっても、スマートフォンの中にウォレットがあれば手軽に買い物ができるのです。

こういった仮想通貨で直接支払いができない店でも、ビットコインVisaカードの「バンドルカード」に対応している店ならば、バンドルカードを使って仮想通貨で支払うことができますよ。

激しい値動きにばかり注目が集まりがちですが、仮想通貨を便利に使いこなすためには現実世界での活用方法も理解しておくことが必要ですね。